乃木坂ハウス2011年 アトリエ・アンド・アイ岩岡竜夫研究室

 

□都心の住宅地に一角に建つ小さな住宅兼アトリエ。約 10 坪の敷地内に、合法的に最大限の床面積(許容容積率は 160%)を確保するために、天空率によるヴォリューム設定、地下室および駐車スペースの設置、さらに天井高の低い収納スペースや屋上テラスなどを立体的に設けた。結果として建物の外形は、直方体の四隅を斜めに面取りした形状となり、ぞれぞれの斜めの外壁面に開閉可能な開口部を設けることで、高密度な住宅地でありながら、周辺から十分な採光 と 通風 を 室内全体 に 取 り 入 れている。 さらに 室内 の 温熱環境 は、地下からの井戸水、天空からの太陽光や雨水などを補助エネルギーとするパッシブな輻射(=放射)式冷暖房システムによって成立している。また外壁面の室内側には H 型鋼によるフィーレンデール形式の構造体が露出しているが、それらを壁面収納棚の一部として有効に利用している。

※写真はすべて山田新治郎氏による

 

■建物名称
 乃木坂ハウス
■場所/竣工年
 東京都港区/2011
■意匠設計
 アトリエ・アンド・アイ岩岡竜夫研究室(担当:渡邉光)
■構造設計
 オーノJAPAN(担当:大野博史、木村優志)
■設備設計
 ZO設計室(担当:伊藤教子、布施安隆)
■環境技術担当
 東海大学高橋達研究室
■施工
 日祥工業(担当:豊田直樹)
■地域地区
 第2種住居専用地域 第3種高度地区
 準防火地域
■構造/階数
 鉄骨造一部RC造/地下1階地上3階
■建物用途
 専用住宅+アトリエ
■敷地面積
 34.42m2
■建築面積
 22.27m2 64.71%<70%
■延床面積
 86.28m2 158.49%<170%