福浦ハウス(内部改修)2012年 アトリエ・アンド・アイ岩岡竜夫研究室

 

□関係の再構築
 築30年の木造3階建住宅の改修。外観にはほとんど手をつけずに、インテリアと外構のみ手を入れることで、住宅内外のプラニングの再生を図った。すなわち、玄関>浴室、廊下>土間、といった室レベルにおけるコンバージョンによって、新たな室内動線を設け、さらに公道へ至るアクセス経路を変えることにより、建物と集落との関係の再構築を目指した。

※写真はすべて山田新治郎氏による

■建物名称
 福浦ハウス
■場所/竣工年
 神奈川県足柄下郡湯河原町/2012
■意匠設計
 アトリエ・アンド・アイ岩岡竜夫研究室(担当:渡邉光)
■施工
 ひとみ建設(担当:林裕文)
■構造/階数
 木造/2階
■建物用途
 専用住宅
■敷地面積
 238.21m2
■建築面積
 85.12m2
■延床面積
 110.79m2