2017/03/24(fri) トークイン@乃木坂ハウス vol.24マーティン・スキルドカンプ(スマート・シェルタ ー財団、スマート・シェルター・リサーチ代表)
「(Seismic) Behavior of Non-engineered Building Techniques for Developing Countries」

概要

〈スマート・シェルター〉を主宰するマーティン・スキル ドカンプ氏のトーク第2回目です。

スマート・シェルターはインドで日乾し煉瓦の学校を建設し、ネパールで15の小学校と盲学校宿舎を耐震化し、耐 震構造や耐震技術を普及するため、教育概念とコンサルタ ント・プログラム開催してきている。

今回は、非工業的な国々と地域における、その土地・文化 ・環境における固有の技術と素材による、耐震技術、建築 工法を紹介し、参加者とディスカッションする。

トピックス:

❶耐震技術について:ローテックな耐震構造、耐震技術… ネパール

❷自然素材について:〈アースブロック〉による学校の建設…南インド

❸建築生産の技術について:建築性能を改善させる建設機械の開発

❹調査研究とコラボレーション:ローテックな建設技術による耐震ビヘイビア

※Ustream配信はありません

TOPICS:
■Seismic Engineering
Low-tech Earthquake Resistant Construction in Nepal
■Natural Materials
Building a School with Earth Blocks in South of India
■Product Engineering
Developing Machines to Improve the Building Quality
■Research Collaboration
Seismic Behavior of Non-Engineered Building Techniques

RESEARCH CHALLENGES
www.smartshelterresearch.c om/architecture
www.smartshelterresearch.c om/earthquake-engineering
www.smartshelterresearch.c om/product-engineering

時間
マーティン・スキルドカンプ
Martijn Schildkamp

講師:マーティン・スキルドカンプ(スマート・シェルタ ー財団、スマート・シェルター・リサーチ代表)
Martijn Schildkamp, March.,The Netherlands of Smart Shelter Foundation
/ Smart Shelter Research

トーク 18:30~20:15
懇親会 20:15~
場所
  乃木坂ハウス
定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
info@nogizakahouse.com
※Ustream配信はありません

2016/11/19(sat) トークイン@乃木坂ハウスvol_23 ベルト・カレン 「マーケットホール+中央市場」
ローレン・ディエリック 「市内の小さなプロジェクトの紹介」

概要

ベルギーで最も美しい街といわれるゲント(Ghent)で活躍中の建築家が来日中です。
中世の面影を色濃く残すゲント旧市街、その中心部の再生計画などに関するスライドレクチャーをしていただきます。

時間
ベルト・カレン Bert Callens
ローレン・ディエリック Lauren Dierickx
Bert Callens
After graduating in 2004 as a master in architecture and engineering at Ghent University (B), Bert Callens started to work on very diverse projects in a small Ghent based office. From 2008 on Bert is project architect at the 'Robbrecht en Daem architecten' architecture studio. Since 2014 Bert is teaching architectural design at the 'Ecole Nationale Supérieure d'Architecture et de Paysage de Lille' in France.

Lauren Dierickx
Lauren Dierickx studied architecture and engineering at Ghent University (B) and urban planning at Leuven University (B). Between 2006 and 2012 she was project architect at 'architecten devylder vinck tailleu'. Currently Lauren is project architect at 'dierendonckblancke architecten' and teaching at the department of architecture and urban planning of Ghent University.


 

トーク 18:00~19:00
懇親会 19:00~
場所
  乃木坂ハウス
定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
info@nogizakahouse.com
※Ustream配信はありません

 

2016/09/09(fri) トークイン@乃木坂ハウス vol.22マーティン・スキルドカンプ(スマート・シェルタ ー財団、スマート・シェルター・リサーチ代表)
「発展途上国の組積造建築をどのように耐震化するか…スマート・シェルターの多面的な活動を通して」

概要

❶氏が主宰するスマート・シェルターの活動のプレゼンテーション…2005~15年まで、インドで日乾し煉瓦の学校を建設し、ネパールでは15の小学校と盲学校宿舎を耐震化してきた。

❷スマート・シェルターの教育活動について…教育概念とコンサルタント・プログラム(ベトナム、インドネシア、 イタリア、イルランドにおける事例から)。

❸スマート・シェルター・リサーチの研究課題…主要な課題はエンジニアリング化されていない建築の地震挙動を解明すること。そのためにはあらゆる建築デザインと建築工学のジャンル、すなわち建築工学、建築構造、建築工法、プロダクトデザイン、機械工学などの知が必要となる。事例と実践を紹介していく。

❹参加者とのディスカッションとスマート・シェルターとのコラボレーションを呼びかける。

summery:
I. General presentation of the work of Smart Shelter Foundation
between 2005 and 2015. Including the school with earth blocks in India, 15 earthquake resistant mountain schools in Nepal, and the hostel for blind students in Nepal.

II. Explanation of teaching philosophy and programs of Smart Shelter Consultancy. Including running programs in Vietnam, Indonesia, Italy and Ireland.

III. Detailed information about the research assignments of Smart Shelter Research. The main aim is to determine the (seismic) behavior of non-engineered building techniques. It is a combined effort for any design or engineering department, such as Architecture and Building Science, Structural and Earthquake Engineering, Product Design and Mechanical Engineering. I show examples for all disciplines.

IV. General discussion and call for collaboration.

TOPICS:
■Architecture
Design Strategies for Semi-Permanent Housing
■Seismic Engineering
Low-tech Earthquake Resistant Construction in Nepal
■Natural Materials
Building a School with Earth Blocks in South of India
■Product Engineering
Developing Machines to Improve the Building Quality
■General Research
Seismic Behavior of Non-Engineered Building Techniques

時間
マーティン・スキルドカンプ
Martijn Schildkamp

講師:マーティン・スキルドカンプ(スマート・シェルタ ー財団、スマート・シェルター・リサーチ代表)
Martijn Schildkamp, March.,The Netherlands of Smart Shelter Foundation
/ Smart Shelter Research

トーク 18:30~20:15
懇親会 20:15~
場所
  乃木坂ハウス
定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
info@nogizakahouse.com
※Ustream配信はありません

 

2016/04/02(sat) トークイン@乃木坂ハウス 北欧建築シリーズvol.1トム・ヘネガン「3人の英雄的建築家の物語ーミケランジェロ、レヴェレンツ、スターリング」

概要
Much contemporary architecture is interesting in shape, but is difficult to discuss more than its shape. We either like the shape or we don't like the shape. In contrast, architecture by Michelangelo Buanarroti, Sigurd Lewerentz and James Stirling were often intentionally ugly - but they were fascinating because they had dense layers of meaning. I wonder why much contemporary architecture only has a surface layer. 

時間
トム・ヘネガン Tom Heneghan
Professor of Architectural Design at Tokyo University of the Arts. From 2001-9 he was Chair of Architecture at the University of Sydney, and from 1976-89 was a Unit Master at the AA School, London. In 1990, Heneghan was commissioned by Arata Isozaki to design a project as part of the Kumamoto Art Polis programme in southern Japan, and he opened his Tokyo office - the ‘Architecture Factory’. For his completed project Heneghan was awarded the 1994 ‘Gakkai Shoh’ - the premier award of the Architectural Institute of Japan. For his 2002 ‘Forest Park Adatara’ in Fukushima he received a National Award of the Japanese Government for Public Architecture in the Environment. His works were included in the Japanese Pavilion at the 1996 Milan Triennale, and in the Australian Pavilion at the 2008 Venice Biennale. 

 

トーク 17:00~19:00
懇親会 19:00~
場所
  乃木坂ハウス
定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
info@nogizakahouse.com
※Ustream配信はありません


2015/12/05(sat) トークイン@乃木坂ハウス vol.21中田琢史「手考足思の構造デザイン 〜計算と感覚のあいだ〜」
ホルヘ・アルマザン「Actionscapes ∣ 活動風景 」

概要

-

時間
中田琢史 Takushi Nakata

1967   三重県生まれ
1991     東京造形大学 造形学部絵画科卒業
1991~2002 株式会社 構造設計集団<SDG>
1998~2000 SDG-SEOUL チーフディレクター(韓国常駐)
2002~2013 リズムデザイン主催
2014~    株式会社 リズムデザイン=モヴ 一級建築士事務所共同主宰


ホルヘ・アルマザン Jorge Almazán

Graduated from the School of Architecture, Polytechnics Univ. of Madrid in 2003. In 2001 he studied at the Technische Universität Darmstadt. He completed the Doctoral Degree at Tokyo Institute of Technology in 2007. In 2008 he held the position of Invited Professor of Architectural Design at the Univ. of Seoul. Since April 2009 he teaches in Keio Univ. and leads Studiolab: a university-based collaboration platform that works as architecture design studio and research laboratory.

2003年マドリッド工科大学卒業
2001年ダルムシュタット工科大学留学/東京工業大学にて博士課程修了
2008年ソウル市立大学建築学科客員教員
2009年より慶應義塾大学に勤務し、建築デザイン研究室「スタジオラボ」を主宰。建築計画と研究の両者を複合的に扱いながら活動を行う

トーク 18:00~20:00
懇親会 20:00~
場所
  乃木坂ハウス
定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
info@nogizakahouse.com
※Ustream配信はありません
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

2015/05/30(sat) トークイン@乃木坂ハウス vol.20小野弘人・西尾玲子(atelier nishikata 共同主宰)
「『透明性』を再々考する」

概要

 建築の設計過程において、わたしたちは常にひとつの建物に「2つの空間秩序」が存在するように意識して取り組んでいます。この考え方は、絵画や映画など他分野の影響が大きいと考えられますが、コーリン・ロウの『透明性』が示した可能性からも影響を受けています。今回は、建築における「虚の透明性」についてのロウの言及に焦点をあて、具体的にいくつかの建築を参照しながら、その可能性について再々考します。近作4 episodesも紹介します。

時間
小野弘人 Hirohito Ono

1965年 : 東京生まれ
1989年 文化学院建築研究科卒業
1991-94年 入江経一 + POWER UNIT STUDIO
1994-98年 青木淳建築計画事務所
1999年 Bゼミスクーリングシステム(現、blan class)修了
2000年 西片建築設計事務所(atelier nishikata)設立
1999-07年 造形作家 岡﨑乾二郎監修「灰塚アースワークプロジェクト」に参画。
2004-07年近畿大学国際人文科学研究所 四谷アート・ステュディウム講師
2004年「淡路町の家」で東京建築士会住宅建築賞金賞受賞
2011年『映画空間400選』(共著、INAX出版)


西尾玲子 Reiko Nishio

1967年兵庫県生まれ
1989年 文化学院建築研究科卒業
1991-94年 青木淳建築計画事務所勤務
2000年 横浜国立大学工学部建築学科卒業
2000年 西片建築設計事務所(atelier nishikata)設立
2002年 東京大学工学系研究科修士課程修了
2011年『映画空間400選』(共著、INAX出版)

トーク 17:00~19:00
懇親会 19:00~
場所
  乃木坂ハウス
定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
info@nogizakahouse.com
※Ustream配信はありません
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

2014/08/17(sun) トークイン@目黒区美術館 vol.19難波和彦(建築家、東京大学名誉教授)
岩岡竜夫(建築家、東京理科大学教授)
和田菜穂子(建築史家、DA企画室室長)
「住まいのデザインをめぐる冒険 -建築家としてのジョージ・ネルソン」

概要
 目黒区美術館ジョージ・ネルソン展会期中に行われるトークセッション
時間
トーク 14:00~16:00
場所
  目黒区美術館
定員
高校生以上先着50名
参加費
トーク 無料(当日観覧券が必要です)
申し込み
目黒区美術館HPをご参照下さい
※Ustream配信はありません

 

2014/05/24(sat) トークイン@乃木坂ハウス vol.18マニュエル・タルディッツ(みかんぐみ共同主宰)
「東京断想その他」

概要

 今後50年の日本には劇的な変化がおこります。経済のグローバル化、社会縮小、人口の高齢化、サスティナビリティーの考え方など、社会的地理が進化して都市部と農村部は著しく再編されようとしています。都市計画と建築は直接このような状況の影響を受けます。慎重な分析や実際のプロジェクトを通じて、日本の最大の都市の東京の「構造」を理解することは、そこにある問題点と可能性を発見する手掛かりとなります。

時間
マニュエル・タルディッツ Manuel Tardits

1959パリ生まれ
1984フランス建築学校UPA 1卒業
1988東京大学大学院修士課程修了
1988〜1992東京大学大学院博士課程
1994ICSカレッジオブア−ツ非常勤
1995みかんぐみ共同設立
2005年ICSカレッジオブア−ツ副校長
2006年フランス国芸術文化勲章(シュバリエ)受勲
2013年明治大学特任教授

主な作品:長野NHK放送局、愛知万博トヨタ館
万世橋maach-ecute
著作:団地再生計画、Post-office
家のきおく、東京断想

トーク 17:00~19:00
懇親会 19:00~
場所
  乃木坂ハウス
定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
info@nogizakahouse.com
※Ustream配信はありません

 

2014/01/26(sun) トークイン@乃木坂ハウス vol.17Enric Massip-Bosch(バルセロナ在住建築家、EMBA主宰)
「サグラダファミリア2026に向けて」

概要
-
時間
エンリク・マシップ・ボッシュ Enric Mssip-Bosch

Born in Barcelona. Architect graduated from ESCOLA D’ARQUITECTURA DE BARCELONA — UPC-BarcelonaTECH. Associate Professor,
Design Department — UPC-BarcelonaTECH. Lived and did research in Japan with a Japanese Government Monbusho Scholarship and worked at Shinohara Atelier (1987-1989).
Invited professor in different universities, has extensively lectured and participated in multiple seminars around the world. His theoretical work has been widely published in magazines and books, among which are: Experimental Dwellings, 1971-1994(Barcelona: EDICIONS UPC, 1996), Architecture on the Horizon (London: RIBA, 1996), Concealed Complexities (Tokyo: TOTO, 1999),
Diagonal ZeroZero (Barcelona: Lunwerg, 2011). He was co-founder and member of the editorial board of WAM-Web Architecture Magazine (1996-2001).
Currently he is Member of the Advisory Committee to the City Council of Barcelona, Member of the Commissione finale di Dottorato in Progettazione Architettonica e Urbana—Politecnico di Milano (Italy) and of the Agenzia Nazionale di Valutazione del sistema Universitario e della Ricerca (Italian Government).
Founded EMBA_ESTUDI MASSIP-BOSCH ARCHITECTS in 1990 with the goal to create a leading and innovative practice at the edge of architectural and
environmental thinking. With EMBA he has won many awards and competitions.

トーク 16:00~18:00
懇親会 18:00~
場所
乃木坂ハウス
定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
info@nogizakahouse.com
※Ustream配信はありません
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

13/12/21(sat) トークイン@乃木坂ハウス vol.16Rene Kural(デンマーク王立芸術アカデミー建築学部准教授、スポーツ建築センター長)
「Copenhagen – City of Defiance and Adaptation」

概要
-
時間
レネ・クラル Rene Kural

Director of Centre for Sports and Architecture, PhD, Associate Professor, Architect MAA 
Schools of Architecture, Design and Conservation, 
The Royal Danish Academy of Fine Arts

トーク 18:00~19:00
懇親会 19:00~
場所
乃木坂ハウス
定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
info@nogizakahouse.com
※Ustream配信はありません


13/12/14(sat) トークイン@乃木坂ハウス vol.15岩田利枝(東海大学工学部建築学科教授)
「視環境研究におけるスケール」

概要
 視環境は視覚特性から脳での再生機構まで関わっている。研究上はとにかく数値化ということで様々な評価スケールが登場する。しかし、実設計への適用を試みると予想外の誤差地獄にはまる、、、という明るく悲しいお話。
時間
岩田利枝 Toshie Iwata

略歴
早稲田大学理工学部応用化学科および同建築学科卒業
早稲田大学大学院理工学研究科建設工学専攻修了、博士(工学)
カナダ国立研究所客員研究員、国立公衆衛生院建築物衛生室室長(厚生技官)等を経て1998年から東海大学工学部助教授、2000年から東海大学第二工学部教授
2009年から東海大学工学部建築学科教授(現在に至る)
2009年 日本建築学会賞(論文)、2013年 空気調和・衛生工学会・学会賞(技術賞)
(写真:本人提供)

トーク 17:00~19:00
懇親会 19:00~
場所
乃木坂ハウス
定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
締め切りました
※Ustream配信はありません


2013/11/09(sat) 出版記念トーク(トークイン@乃木坂ハウス vol.14)和田菜穂子(東北芸術工科大学・トークイン共同主宰)
「北欧建築紀行 幸せのかけらを探して」

概要
 著書『北欧建築紀行 幸せのかけらを探して』(山川出版社)の出版記念として、ささやかなトーク&パーティを開催いたします。北欧5カ国の美しい写真をお見せしながら、皆さんを北欧の旅へとお誘いします。大自然に抱かれたルイジアナ現代美術館、魂の叫びに耳を傾けるヴィーゲラン彫刻公園など、北欧建築に恋した旅のエピソードをお話します。
時間
和田菜穂子 Nahoko Wada
東北芸術工科大学教養教育センター准教授/同美術館大学センター准教授。慶應義塾大学非常勤講師。学術博士(phD)。 神奈川県立近代美術館学芸員を勤めた後、フリーのキュレーターとして、デザイン・アート・建築をクロスオーバーする活動を行う。1992年青山学院大学卒業、2006年慶応義塾大学大学院後期博士課程単位取得退学、2006-2008年デンマーク政府奨学生としてコペンハーゲン大学留学。2009年より現職。著書に「近代ニッポンの水まわり」(学芸出版、2008)、「アルネ・ヤコブセン 時代を超えた造形美」(学芸出版、2010)、「北欧モダンハウス 建築家が愛した自邸と別荘」(学芸出版、2012)など。(写真:本人提供)
トーク 17:00~19:00
懇親会 19:00~
場所
乃木坂ハウス
定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
※本の販売も行います
申し込み
締め切りました
※Ustream配信はありません

 

2013/10/21(mon) トークイン@乃木坂ハウス vol.13Peter Zellner(The Southern California Institute of Architecture , ZELLNERPLUS
Economy of Form

概要
-
時間
Peter Zellner

現在
Principal and Founder, ZELLNERPLUS - ZELLNERPLUS @Venice, California
Design and Theory Faculty - Southern California Institute of Architecture (SCI-Arc)
Future Initiatives Coordinator - SCI-Arc
職歴
Ivan G. Smith Eminent Visiting Professor - University of Florida
Asst Professor - USC School of Architecture
Senior Designer - Davis Brody Bond
学歴
Harvard University
RMIT University
(写真:本人提供)

トーク 20:00~22:00
場所

乃木坂ハウス

定員
20名
参加費
一般 ¥1000
学生 ¥500
申し込み
締め切りました
※Ustream配信はありません

 

2013/8/10(sat) トークイン@乃木坂ハウス vol.12難波和彦(東京大学名誉教授)「建築の4層構造」

概要
 サステイナブル・デザインの基礎理論として考案した「建築の4層構造」の背景と内容を説明し、この理論にもとづいて1995年から現在まで展開している「箱の家」シリーズの進化を紹介しながら、3.11以降の住宅のあり方について議論してみたい。
時間
難波和彦 Kazuhiko Nanba

1947年:大阪生まれ
1969年:東京大学 建築学科 卒業
1974年:同 大学院博士課程 修了
1977年:一級建築士事務所 界工作舎 設立
2000年:大阪市立大学 建築学科 教授
2003年:東京大学大学院 建築学専攻 教授
2010年:東京大学 名誉教授、工学博士
現在  :(株)難波和彦・界工作舍 代表
建築作品
直島幼児学園(1974)田上町立竹の友幼稚園(1977)なおび幼稚園(2004)カッシーナ家具工場(2005)浅草二天門消防支署(2006)アタゴ深谷工場(2011)箱の家シリーズ (1995~)
著作
『戦後モダニズムの極北:池辺陽試論』(彰国社 1999)『箱の家』(NTT出版 2006)『建築家は住宅で何を考えているか』(PHP出版 2008)『建築の4層構造—サステイナブル・デザインをめぐる思考』(INAX出版 2009)『東京大学建築学科 難波研究室活動全記録』(角川学芸出版 2010)『新しい住宅の世界』(放送大学教育振興会 2013)
(写真:本人提供)

トーク 17:00~19:00
懇親会 19:00~
場所

乃木坂ハウス

定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
締め切りました
 


2013/7/20(sat) トークイン@乃木坂ハウス vol.11三宅理一(藤女子大学副学長)「土地のスケール、空間のスケール、そして建築」

概要
 文明は土地と空間にスケールをもたらしました。何よりも計測性という指標が文化の形態を徹底的に支配しています。土地を共有させて境界を曖昧にさせた先住民(たとえアイヌやサーミ)に対して欧州や日本の支配民は土地の幾何学的分割手法を貫徹させますが、アラブならびに韓国ではオーガニックな土地分割が一般的でした。こうした土地のスケールを建築空間のそれと対比させ、計測性と非計測性から建築の在り方を再考します。
時間
三宅理一 Riichi Miyake

藤女子大学副学長。工学博士。建築史、遺産保護。1948年、東京都生まれ。1972年。東京大学建築学科卒業。同大学院を経て、渡仏、1979年にパリ・エコール・デ・ボザール卒業。芝浦工業大学、リエージュ大学、慶應義塾大学、パリ国立工芸院を経て、現職。著書に「負の遺産で街がよみがえる」(学芸出版社、2009)、「秋葉原は今」(芸術新聞社、2010)、「限界デザイン」(TOTO出版、2011)など多数。
(写真:本人提供)

 

 


トーク 17:00~19:00
懇親会 19:00~
場所

乃木坂ハウス

定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
締め切りました

 

2013/5/25(sat) トークイン@乃木坂ハウス vol.10髙橋達(東海大学教授)「乃木坂ハウスの1年」

概要
 乃木坂ハウスでは、天井と床の双方を輻射冷暖房のラジエーターにしたこと以外に、井水や蒸発冷却水を冷房の冷却源に、太陽熱・都市ガスを暖房と給湯の加熱源に採用したことなど、他に例を見ない環境技術のシステムが盛り込まれています。設計時にねらった冷暖房・給湯の性能検証は、乃木坂ハウスの効果的な住まい方にとどまらず、今後同様のシステムを応用発展させた住宅の設計と運用に対して大きな意味をもつでしょう。本トークインでは、乃木坂ハウスの夏(冷房)・冬(暖房、給湯)の実性能について、東海大学高橋研究室が実測調査と数値シミュレーションにより検証した結果をご紹介します。
時間
髙橋達 Itaru Takahashi

1999 武蔵工業大学大学院博士学位取得(工学)
2001-04 福岡工業大学社会環境学部勤務
現在 東海大学工学部教授

パッシブ型技術の複合やコンポストトイレ、ライフスタイル、エクセルギー概念の応用が専門
2000年「涼の家」で第3回大地に還る住宅設計提案競技優秀賞受賞(二重屋根採冷システムの開発)
2009年「緑風の家」で地域住宅計画奨励賞を受賞(熱環境計画、井水放射冷房・外気予冷兼用システムの開発)
共著書に「最高にわかりやすい建築設備」(エクスナレッジ、2012年)「設計のための建築環境学―みつける・つくるバイオクライマティックデザイン」(彰国社、2011年)「エクセルギーと環境の理論―流れ・循環のデザインとは何か」(井上書院、2010年)などがある。
(写真:本人提供)

トーク 17:00~19:00
懇親会 19:00~
場所

乃木坂ハウス

定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1000
申し込み
締め切りました
 


2013/4/6(sat) トークイン@乃木坂ハウス vol.9岩岡竜夫(東京理科大・トークイン主宰)「ジェフリー・バワの建築空間」

概要
 スリランカを代表する建築家、ジェフリー・バワ(1919-2003)の建築の魅力について解説する。彼のデザインする建物は、それを取り囲む環境と、それを使用する人間との間の、単純なフィルターのようなものとして存在する。歴史的文脈、自然環境、都市環境、改修前の建物、といった様々な水準の<環境>に対して、彼はそれらにシンプルなモダングリッド(=モダンスケール)を投げかけることで、その環境をまったく新たなものへと変貌させる。ある意味で究極のモダニズムとも言える彼の主要作品について、スライドで紹介しながら、建築の可能性について考えてみたい。
時間 参加費
トーク 17:00~19:00 トーク ¥500
懇親会 19:00~ 懇親会 ¥1000
場所 申し込み

乃木坂ハウス

締め切りました
定員  
20名  


2013/3/9(sat) トークイン@乃木坂ハウス vol.8山下保博(アトリエ・天工人)「建築家のスケールについて」

概要
 2011.3.11以降求められているのは、建築のスケール以上に建築家の素質や取り組みだと思う。それは、重要な課題であり、今まで以上に建築家のスケールが問われていると思う。
私の様々な建築のプロジェクトを通して、「建築家のスケール」についてみんなで討議していきたい。
時間
山下保博 Yasuhiro Yamashita
1985 芝浦工業大学工学部建築工学科卒業
1986 芝浦工業大学大学院建設工学専攻修士課程修了
1986-1991 斎藤裕建築研究所/(株)PANOM /近藤春司建築研究所で勤める
1991 山下海建築研究所設立
1995 事務所名をアトリエ・天工人(テクト)に改称
1999 Project1000 設立(建築プロデュース会社)
1999-2007 芝浦工業大学非常勤講師
2004 NPO 法人N・C・S 設立
2007-2010 東京大学大学院非常勤講師
2008-2010 東京理科大学非常勤講師
2009 arcprospect(USA) 評議員
2010-2012 慶應義塾大学大学院非常勤講師
2011- 九州大学非常勤講師
(写真:本人提供)
トーク 17:00~19:00
懇親会 19:00~
場所

乃木坂ハウス

定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
締め切りました
 


2013/2/2(sat) トークイン@乃木坂ハウス vol.7降旗千賀子(目黒区美術館学芸員)「イームズ、クラーセン、秋岡芳夫のスケール感について」

概要
-
時間
降旗千賀子 Chikako Furihata
1957年東京生まれ。
武蔵野美術大学大学院工芸工業デザイン科修了。
展覧会とワークショップを結び付けた教育活動を主に展開。「青」「赤」と続く、手と目の冒険広場『色の博物誌』シリーズを企画する。
目黒区美術館学芸員。
トーク 17:00~19:00
懇親会 19:00~
場所

乃木坂ハウス

定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
締め切りました
 


2012/12/15(sat) トークイン@乃木坂ハウス vol.6羽生修二(東海大学教授)「ヴィオレ・ル・デュクのスケールについて(仮)」

概要
-
時間
羽生修二 Shuji Hanyu
1948 東京都生まれ
1972 千葉大学建築学科卒業
1973-1975
フランス文化省「古建築歴史と保存研究所」在籍
1976-1980
東京都立大学大学院博士課程(桐敷研究室)
1980-1990 東京都立大学研究生
1992 
「ヴィオレ・ル・デュクにおける修復理論と方法に関する研究」で博士号取得
1994 東海大学第二工学部助教授
1995- 同教授
(経歴・写真:東海大学羽生研究室HPより)
トーク 16:00~18:00
懇親会 18:00~
場所
乃木坂ハウス
定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
締め切りました
※Ustream配信


2012/08/10(fri) トークイン@乃木坂ハウス vol.5和田菜穂子(キュレーター/モダンデザイン&ライフスタイル研究家)
幸せのスケール-著書『北欧モダンハウス 建築家が愛した自邸と別荘』から考える」

概要
 8月上旬に『北欧モダンハウス 建築家が愛した自邸と別荘』(学芸出版社)が刊行されます。出版記念として、ささやかなトーク&パーティを開催いたします。7人の建築家が妻に捧げた自邸と別荘をご紹介しながら、「世界一幸せな国」と評される北欧の《幸せの尺度》について考えたいと思います。著書ではコラムとして公私ともに建築家を支えた妻の存在をピックアップしています。ヒューマニズムの建築家が建てた自邸には、家族愛に包まれた夢の空間が広がっているのです。
時間
和田菜穂子 Nahoko Wada
東北芸術工科大学教養教育センター准教授/同美術館大学センター准教授。慶應義塾大学非常勤講師。学術博士(phD)。 1992年青山学院大学卒業、2006年慶応義塾大学大学院後期博士課程単位取得退学、2006-2008年デンマーク政府奨学生としてコペンハーゲン大学留学。2009年より現職。2004-2005年、2008-2009年神奈川県立近代美術館学芸員。建築・デザイン分野でのキュレーションが専門。展覧会企画の他、美術館と連携した造形&身体表現のワークショップなどイベント企画多数。著書に「近代ニッポンの水まわり」(学芸出版、2008)、「アルネ・ヤコブセン 時代を超えた造形美」(学芸出版、2010)、近日刊行予定「北欧モダンハウス 建築家が愛した自邸と別荘」(学芸出版、2012)など。(写真:本人提供)
トーク① 17:00~18:00
トーク②+懇親会 19:00~22:00
場所
乃木坂ハウス
定員
20名(トーク②+懇親会は30名)
参加費
トーク① ¥500
トーク②+懇親会 ¥1500
申し込み
締め切りました
※Ustream配信


2012/07/14(sat) トークイン@乃木坂ハウス vol.4松村秀一(東京大学)「スケールー建築構法・建築生産の視点からー」

概要
-
時間
松村秀一 Shuichi Matsumura
1957年兵庫県生まれ。1980年東京大学工学部建築学科卒業。1985年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了、工学博士。1986年東京大学工学部建築学科専任講師、1990年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻助教授、2006年同教授。その間、ローマ大学、トレント大学、南京大学、大連理工大学、モントリオール大学等で客員教授を歴任。日本学術会議連携会員。 2005年建築学会賞(論文)、2008年都市住宅学会賞(著作)を受賞。 著書に「建築生産【第二版】」2010年、「住まいのりすとら」2010年、「建築再生の進め方-ストック時代の建築学入門」2007年、「住に纏わる建築の夢-ダイマキシオン居住機械からガンツ構法まで」2006年、「建築とモノ世界をつなぐ」2005年、「建築生産」2004年、「団地再生-甦る欧米の集合住宅」2001年、「『住宅』という考え方-20世紀的住宅の系譜-」1999年、「『住宅ができる世界』のしくみ」1998年、他多数。(写真:本人提供)
トーク 17:00~19:00
懇親会 19:00~
場所
乃木坂ハウス
定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
締め切りました
※Ustream配信


2012/06/09(sat) トークイン@乃木坂ハウス vol.3松原弘典(建築家・慶応義塾大学准教授)
日本と中国のスケールの違い-いくつかの建築プロジェクトから」

概要
 話者が具体的に関わっている、中国での建築プロジェクトを通して、日本と中国のスケールにまつわる違いをご紹介できればと思っています。これは寸法的な話 にとどまらず、時間におけるスケールや、話し方や人間内面の哲学に対するスケールの違いにまでつながってくる話題でしょう。中国が大きく間延びしていて、日本が小さくて詰まっているだけではない話しになるんじゃないかと(まだ話す内容は白紙ですが)考えています。みなさんとお会いできるのを楽しみにしています。
時間
松原弘典 Hironori Mtsubara
1970年生まれ。1995年東京藝術大学卒業、97年東京大学大学院修了。 97-2001年伊東豊雄建築設計事務所勤務、01年に渡中後、北京大学建築学研究中心などを経て05年北京松原弘典建築設計公司設立。同年より現職。主な設計作品に「三里屯VILLAGE北区イースト」(2007)、「コンゴ民主共和国アカデックス小学校」(2009-)がある。今年5月に『未像の大国日本の建築メディアにおける中国認識』(鹿島出版会、2012)を出版。2012年日本建築学会教育賞(教育貢献)受賞。
(写真:本人提供)
トーク 17:00~19:00
懇親会 19:00~
場所
乃木坂ハウス
定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み  
締め切りました  
※Ustream配信  


2012/05/12(sat) トークイン@乃木坂ハウス vol.2柄沢祐輔(柄沢祐輔建築設計事務所)
アルゴリズム建築における身体、スケールとプロポーション

概要
 アルゴリズム建築には身体感覚が欠けているのではないかという批判がある。しかしこれはまったくの誤解であり、新しい身体性、身体感覚を立ち上げることこそが、アルゴリズム建築の究極の目標であるといわなくてはならない。そのためには徹底的なスケールとプロポーションに対する鋭敏な感覚と緻密なコントロールが必要になる。この度のトークインでは、アルゴリズムが可能にする新しい身体感覚とは何かという問題と、それを実現するためのスケール、プロポーションの操作について討議を行う。
時間
柄沢祐輔 Yuusuke Karasawa
1976年生まれ。慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科・都市デザインコース修了。文化庁派遣芸術家在外研修制度にてMVRDV(蘭)在籍。坂茂建築設計勤務を経て、2006年柄沢祐輔建築設計事務所設立。情報論的、あるいはアルゴリズム的な思考を軸とした建築・都市空間の探求を行っており、『10+1』No.48「特集=アルゴリズム的思考と建築」(INAX出版、2007)では責任編集者として編集を行った。共著に「アーキテクチャとクラウド――情報による空間の変容――」(millegraph、2010)、「設計の設計<建築・空間・情報>制作の方法」(INAX出版、2011)等がある。villa kanousanにて英国D&AD賞Spatial Design部門受賞。
(写真:本人提供)

トーク 17:00~19:00
懇親会 19:00~
場所
乃木坂ハウス
定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
締め切りました


2012/04/14(sat) トークイン@乃木坂ハウス vol.1ケン・タダシ・オオシマ(ワシントン大学)
GLOBAL ENDS―towards the beginning 本のスケールから世界まで」

概要
 ケン・タダシ・オオシマ氏が世界7 ヵ国7組の建築家の拠点を訪れ、彼らとの対話を通してその思考と主要作品を紹介した著書『グローバル・エンズ:始まりに向けて』をもとに、3つのキーワード「移りゆく中心/消えゆく境界/セブン・ローカル・スタンダード」を軸にしながら、近い将来にも実現可能な豊かなデザインへの不朽の価値を照らし出していきます。
時間
ケン・タダシ・オオシマ Ken Tdashi Oshima
1965年アメリカ、コロラド州に生まれる。ハーバード大学にて、東アジアの研究および視覚環境の研究分野で文学士号取得(優秀成績者)。カリフォルニア大学バークレー校にて建築修士号、コロンビア大学で建築史および建築論の博士号取得。現在、ワシントン大学准教授。 2011-12 年国際交流基金研究員として東京大学在籍。  著書・共書に『Arata Isozaki』(Phaidon、2009)、『International Architecture in Interwar Japan: Constructing Kokusai Kenchiku』(University of Washington Press、2009)、『Visions of the Real 20世紀のモダン・ハウス : 理想の実現 I・II』(a+u特別号、2000)など。MoMAの「Home Delivery」展のカタログ執筆者、「SANAA: Beyond Borders」展キュレーター、「アントニン&ノエミ・レーモンド展」の共同キュレーターなど。
(写真:本人提供)
トーク 17:00~19:00
懇親会 19:00~
場所
乃木坂ハウス
定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1500
申し込み
締め切りました
※Ustream配信


2012/03/03(sat) トークイン@乃木坂ハウス vol.0 report1部:岩岡竜夫(東京理科大学)・高橋達(東海大学)・大野博史(オーノJAPAN)
乃木坂ハウスについて
2部:横尾真(OUVI)「ルイス・バラガンの住宅スケール

概要
(1)岩岡竜夫(東京理科大学)「乃木坂ハウスの意匠計画について」
 設計の趣旨、基本計画から施工過程、そして竣工までをスライドで紹介
(2)高橋達(東海大学) 「乃木坂ハウスの空調計画について」
 自然エネルギーを用いた設備システムの概要、着工前のシュミレーション結果などを解説
(3)大野博史(オーノJAPAN)「乃木坂ハウスの構造計画について」
 構造的な特徴と施工上の問題点、意匠・設備との兼ね合いなどを解説
(4)横尾真(OUVI)「ルイス・バラガンの住宅のスケール」
 バラガンの住宅作品(自邸、ロペス邸、ギラルディ邸)を建築写真と図面で紹介、バラガン建築のスケールの特徴などを解説
時間
(写真:石田潤)
トーク 17:00~19:00
懇親会 19:00~
場所
乃木坂ハウス
定員
20名
参加費
トーク ¥500
懇親会 ¥1000
申し込み
締め切りました


 乃木坂ハウスでは、月に1回アトリエを開放し、みなさまとざっくばらんにトークをする機会を設けることにしました。トークのゲストには、建築のみならず様々な分野で活躍するクリエーターをお招きします。
 2012年のトークのテーマは「スケール」です。建築のスケール、都市のスケール、人間のスケール、昆虫のスケール、宇宙のスケールなど、いろんな観点から「スケール」についてみなさまと意見交換の場を持ちたいと思います。
トークの後は、アトリエにて懇親会、乃木坂界隈にて2次会を予定しています。スペースに限りがございますので、少人数でのトークになりますが、お誘いあわせの上、お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

アトリエ主宰:岩岡竜夫
トークイン企画:和田菜穂子

 

■乃木坂ハウス アトリエ・アンド・アイ岩岡竜夫研究室
〒107-0062 東京都港区南青山1-17-3
電話 03-6447-0240
メール info@nogizakahouse.com